ステファン・ペテランセル 貫録の首位奪還
2014年 1月, 07日

モンスターエナジーのステファン・ペテランセルがダカール・ラリー2014の嵐のような第2ステージで首位にたった。

第2ステージは巨大な砂丘と800kmを超えるタフなものでドライバーの技術が一番試される、体力を奪われるコースだ。

1日目のように、モンスターエナジーX-Raid teamは前回優勝チームであることを再認識させる走りを見せた。そして先頭集団から猛追を見せ、ステージ勝利を手にしたのは2013年覇者のステファン・ぺテランセルだった。

ダカールで11回の優勝を誇るステファン・ペテランセルはコ・ドライバーのジャン・ポール・コトレットと共に、サン・ルイスからサン・ラファエルを2位に46秒ほどの差をつけ03:52:05というタイムでMINI ALL4 Racingを完璧に運転した。

ステファンは第1、第2ステージを終え総合ランキングで2位に28秒の差をつけたが、このレースのステージでは何も意味を持たない事を彼は知っていた。『このリードは意味が無いよ、少なすぎる。広大な砂漠のステージへ進む前にもっと優勢にしておきたいし、そうしなければいけないね。』
『僕にとっては良い日だった、ステージ勝利のためにスタートした訳じゃなかったけど良い結果を出す事が出来たからね。スタートはすごく早かった、でもレース中盤はコースに岩も多いし、パンクもしたくなかったからスピードを落としたんだ。』
『砂丘は最高だったよ、すごく砂が柔らかいし、たくさん人がいたんだけど壮観だった。僕たちは止まらなかった、前進し続けることでこのステージで勝利出来たんだ。』

また、チームではナニ・ローマが前日に引き続き総合4位と好調。1日目に2位のオーランド・テラノヴァは6位、また総合9位だったクリストフ・ホロウィツィックはこのタフな1日を終え13位と順位を落とした。

3日目は7000メートル級火山 アコンカグアに代表される山脈のコース。
ドライバー達はアコンカグアの4000メートル以上を進んでいく!最も過酷なモータースポーツが続く中で、ドライバー達にとって新たな大きな試練になるだろう…

第2日目 ランキング

1 - Peterhansel/Cottret 03:52:05
2 - Sainz/Gottschalkk 03:52:51
3 - De Villiers/Von Zitzewitz 03:57:39
4 - Roma/Perin 03:59:30
5 - Al-Attiyah/Cruz 03:59:49
6 - Terranova/Fiuza 04:04:46
7 - Chabot/Pillot 04:06:08
8 - Lavieille/Garcin 04:11:43
----------------------------------------
13 - Holowczyc/Zhilstov 04:29:13

  • Related News
  • Related Events
  • Related Galleries
  • Related Videos