Chippa Wilson

United StatesUnited States

チッパ・ウィルソン

決して地味な出で立ちではないのだから、サーフィン業界が彼の存在に気づいていなかったのは驚くべきことだ。腕全体にタトゥーが入っていて、髪は金髪で、それに合う瞳をしている。金色の瞳? どうすれば目立たないでいられるのだろうか? この若きニューサウスウェールズ州のグーフィーフッターは、過剰に宣伝をされずにライオンのような凶暴性をもって自らをサーフィンシーンに気付かせたのだ。そのトリックはあまりにも巧妙だったので、サーフィン雑誌はスケート雑誌に、彼のグラブや回転が何と呼ばれているのかを訊かなければならなかった。冗談ではなく、実際に彼らはそうしたのだ。

サーフィン雑誌は、チッパのめちゃくちゃなエアー、畏敬の念を起こさせるほどの影響を与えるそのエアーが、「ビッグスピン」と呼ばれるものであることを学んだ。見たことがない人は、恥ずかしいのでw、すぐに見てみよう(http://vimeo.com/14437082)。今すぐだ。これを読み終わる前に見てほしい。

見てくれただろうか? ありがとう。すごかっただろう。彼は、スケートのトリックのチョップホップをアレンジしたジョー•クリモのような、90年代初期の男たちに似ている。しかしチッパの技はスタイリッシュで、リップの上まで高く上がり、トリックの引き出しの多さ、ターンやチューブのスキルに支えられている。とても今どきのサーフィンだ。だから彼のシグネチャームービーは『NOW』という名称である。なぜなら、彼は昨日までここにいなかったからだ。そして、チッパは明日を憂いてはいない。なぜなら、今日のサーフィンが未来のサーフィンになるからだ。

スローモーションでチッパを楽しんでください。そうしなければ、彼が何をしているか理解できないのだから。

フォロー Chippa Wilson
  • 全ての記事
  • ニュース
  • ギャラリー
  • ビデオ
グローバル投稿 ON