John John Florence

United StatesUnited States

ジョン・ジョン・フローレンス

ジョン、ジョンジョン。その名前にはかなりの不確実性がある。どっちなのだろうか? 幼児期の「ジョンジョン」は卒業して、私たちが今知っている、そして皆んなが羨んでいる彼になったのか? 8歳で初めてサーフィンをしてエアーで板をつかみ、思春期になるころにはブロンドの髪が刃のように回転するようになった彼だろうか? それとも、大人になり、もはや若いサーファーのおもちゃではなくなったのだから「ジョン」でいいのだろうか? 彼をどう呼ぶべきかについては大きな議論を呼んだ。雑誌の議論。オンラインでの議論。9点を獲得している最中にインターネット放送で議論が行われた。だが、ここに輝かしい、どっちつかずの真実がある。当人は気にしていないのだ。

ジョンと呼ぼうがジョン・ジョンと呼ぼうが彼はたいして気にならない。彼はただサーフィンをしていたいのだ。そして、彼は素晴らしい仕事をやってのけた。ジョンは誰もが歓迎するサーフィンのスターの座にそっと成長した。彼は成功を重ね、そのサーフィンは、多くの人から「ジェイミー・オブライエンに似ているが、いいスタイルだ」と言われるようになった。岩棚の下でのチューブライディングに対する自信は、同年代の中で彼に並ぶものは誰もいない。彼は完全にスピンする、ロデオもする、パワーサーフィンもする。すべては毎日のルーティーンで、前腕であくびをしながらしてしまう。あーあ。すぐに他のものを試すことはできるかと訊ねると、ジョン・ジョンはそうしようと答え、スケートパークに行って腰と背骨を高く上げた。

このノースショアのワンダーキッドは、ロッキー山脈からワイメアに至るまで、観衆の前に現れるワンダーマンへと成長した。そして彼は今も成長している。ワンダーマンの次は何だろうか? スーパーマン? それがちょうどいい。ハンカチを傍に置いてジョンのパフォーマンスを楽しんでください。口が空きすぎて、溢れ出すよだれを拭くために。

  • 全ての記事
  • ニュース
  • ギャラリー
  • ビデオ
グローバル投稿 ON