Dj Ashba

United StatesUnited States

ティーンネイジャーのAshba(アシュバ)がミニバンで単身ロサンジェルスに移住してから18年、DJアシュバはギターリストとしての受賞やプロデューサー、グラミー賞にノミネートされたソングライター、マルチプラチナレコーディングアーティスト、グラフィックデザイン会社の起業、そしてGuns ´n Roses(ガンズ・アンド・ローゼス)やSixx: A.M.(シックス:エイ・エム)のメンバーなどの実積を獲得するほどの実力と才能の持ち主。類希な才能と絶えまぬ努力の結果、アシュバはすでにロック界で名を上げてはいるが、それはまだ始まったばかりだ。

アシュバはイリノイ州のフェアベリという田園地帯の出身で、信仰の厚いシングルマザーでクラシックピアノの先生をしていた母親から幼いころから音楽を教わっていた。育っていく中でアシュバはゴミをかき集めてドラムとギターの覚えた、時には一日に17時間も没頭するほどでだった。16歳の誕生日に父親に初めてモトリークルーの「Girls, Girls, Girls」ツアーに連れて行かれからというもの、人生は一変した。「群衆、音、光、いつの日かステージに立つということは、何ものにも変えられないのだと気づいた夜だった」19歳にして熱い思いをDJセットに込めて、そしてロックスターになるためにハリウッドを目指した。

Barracuda(バラクーダ)とMotley Crüe(モトリークルー)などのバンドサポートの仕事の後、2009年にアシュバはガンズ・アンド・ローゼスの新しいギターリストとして参加することが発表された。ガンズに参加してからは、新アルバム『CHINESE DEMOCRACY』のPRで、カナダ、アジア、南アフリカのでツアーをまわった。「Axl(アクセル)と自分はお互いに非常にリスペクトしあっているし、ガンズのメンバーになれたということは非常に幸運だった。まぁ加入してなかったらバンドのダメージは神のみぞしるというところだけどね」と語っている。

これからのの彼の成功は誰もが保証するところだけど、アシュバはいう「この音楽業界で自分の結果が出ない時でもファンは見限らサポートしてくれるのをとても幸せに感じている、彼らこそが自分のモチベーションだ。自分の強さ、ファンの愛とサポートこそが情熱の燃料だと言える」

フォロー Dj Ashba
  • 全ての記事
  • ニュース
  • ギャラリー
  • ミュージック
  • ビデオ
グローバル投稿 ON