be_ixf;ym_202110 d_21; ct_50
CLOSE
Super Cola lifestyle shot Japan
NEWS

Daigo Saito interview Super Cola

Apr 062021

 スーパーコーラは、世代を問わず人気のある王道のコーラフレーバーに、モンスターエナジー独自のエナジーブレンドをふんだんに配合した日本限定のオリジナルフレーバーだ。

本商品の発売を記念して、モンスターバンド マキシマム ザ ホルモンの「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」に合わせ、日本が世界に誇るドリフトドライバーでモンスターアスリートの斎藤太吾がスーパードリフトを披露するスペシャル映像をモンスターエナジー公式ツイッターにて公開中。

 斎藤太吾が新商品『モンスター スーパーコーラ ボトル缶500ml』を飲むとその“爆発的なパワー”でサーキットを爆走し次々と華麗なドリフトを繰り広げる。マシンはステージを選ばずどこでも爆走できるようカスタムされた、新型TOYOTA GR YARIS。2JZエンジン搭載、1,000馬力、ドリフトタイムアタック仕様、2駆の新型となっている。

BGMには、マキシマム ザ ホルモンの初期楽曲「アバラ・ボブ」が、世界に名を轟かるミクスチャー/デジタルロックバンドTHE MAD CAPSULE MARKETSの中心メンバーで、AA=としても活動する上田剛士氏とマキシマムザ亮君による共同リアレンジにより、激しいデジタルプログラミングと共に劇的な新生を遂げた、2015年再録の「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」を起用。
そのパワーみなぎる楽曲と超絶ドリフトがコラボしたスーパーな映像を見逃すな!

スーパードリフトを披露した斎藤太吾へのインタビューを下記にて公開中!
映像と合わせてチェックしよう。

斎藤太吾 インタビュー


Q1. 今回の映像の一番の見どころはどこですか。
映像の裏側まで入れるとたくさんありすぎて選べないですよね。
今回は、モンスターの新商品スーパーコーラの爆発的なパワーをイメージしてドリフトをしました。
モンスターエナジーの協力のもと、初めて企画立案からロケーション選定、走行エリア、走り方など概ね全てのプロセスに携わらせてもらいました。ここまでガッツリ制作チームと企画することはなかったので、気分が盛り上がりましたね。


スーパーコーラのストーリーを読んでもらえれば、コンセプトを何となく理解できると思います。その内容を今回の企画に落とし込んだ時、いつものドリフトで車両を滑らすだけじゃいけないんだな、何かスーパーな要素を詰め込まないといけないんだな考えました。

それで、まず車両なんですが、ドリフトに特化され過ぎていないオールマイティに、かつステージを選ばずどこでも爆走できる、2JZエンジン搭載、1,000馬力、ドリフトタイムアタック仕様、2駆の新型GR YARISを選びました。
GR YARISが走るロケーションに関して、実はエビスサーキットさんに自分で交渉していました。その直後にあの地震が起きて、あのような状況にも関わらず、快く貸してくれたことに本当に感謝しています。
なので、何としてでもドリフトの聖地に貢献できる走りをしなければと思いながらロケハンに行きましたね。


ロケハンでは、サーキットの状況が想像以上でして言葉を失いました。気を取り直して、全コースを見て撮影で走行するエリアまで全て自分で選定させてもらいました。
僕がここをこうやって走ったらカッコいいのではという話を、現場で制作チームがひとつずつ吸い上げて、更に膨らませてくれたことも、自分にとって初めての試みばかりで、とても嬉しく思います。
撮影当日の走行シーンは、壁だったりカメラマンだったり結構ギリギリを攻めたこともあって、リアルで迫力のある仕上がりになりました。危険を恐れず果敢に撮影に挑むカメラマンたちも想像してご覧ください。(笑)

 

 Q2. 新商品スーパーコーラを飲んでみた感想は?
初めて飲んだのにどこか親しみがあるような味で、飲みやすくてパンチがありました。もともとコーラ味の炭酸好きもあり今一番好きなフレーバーですね。


撮影中、もちろん両面テープで缶底を固定してたんですけど、GR YARISのシート横のカップホルダーにこのボトル缶を入れてたんですよ。スーパーコーラはキャップ付きですし、いつでもどこでもエンジン全開にし続けられるところもドライブにマッチしているんじゃないですかね。(笑)

 

Q3. モンスターファン・ドリフトファンへメッセージをお願いいたします。
今年の第一弾としてGR YARIS、2駆の1,000馬力を製作しました。今後も新しい車両を製作していきます。期待しててください。レースのほうは、GR SUPRAでD1GPの他にFIAインターコンチネンタルドリフティングカップやロシアのRDSにも参戦予定です。
D1GPはYouTubeライブも充実してますし、この時期ですのであまり無理にとは言いませんが、もしドリフトの生音や白煙を感じたい方は、感染予防対策をして現地まで足を運んでみてください。
応援よろしくお願いします!

THIS ARTICLE FEATURES:

SHARE THIS ARTICLE:

RECOMMENDED

FOR YOU