be_ixf;ym_202205 d_22; ct_100
閉じる
Images from the Mens Snowboard Pipe at the 2022 X Games event in Aspen
NEWS

平野歩夢 独占インタビュー

Jan 252022

世界最高峰のアクションスポーツの祭典、X Games Aspen 2022  男子ハーフパイプ種目で平野歩夢が銀メダルを獲得した!Congrats Ayumu!


大会を終えたばかりのモンスターライダーの歩夢とスノーボードジャーナリストであり解説者の野上大介氏とともにオンラインで独占インタビューを実施した。

今大会、歩夢は弟の海祝とともにX Games出場を果たし、兄弟で見事表彰台に立った。弟との初競演、銀メダル獲得後の心境やフロントサイドトリプルコーク1440の大技成功についてなど語ってもらった。

 

独占インタビューのハイライトをチェック!

 

――― X Games、準優勝おめでとう!コンディションはどうだった?


まずは無事に終えることができて良かったです。移動の疲れなどもあり、首が曲がらないような状態でしたが、弟の海祝も出ていて、(兄弟で一緒に)出たいなという気持ちになり出場を決めました。


――― 例年のX Gamesよりもコースのサイズが小さく、高さが出しにくい中でフロントサイドトリプルコーク1440を完璧に決めたことについてどう感じる?


練習でも大会でも、今まで回数重ねてきた中で一番いいものが決められました。
あまり映像だとわからないんですが、雪が凄い強くて、公開練習の時の3発目は膝くらいまでしか飛べないくらいだったんです。限界出してもそんなに高さが出せないと判断して、スピードを落とさないように、高速スピンを意識しました。

 

――― 弟である海祝も、とても高さがあったよね。


そうですね。がっちり気合が入っていて。楽しんでそうで、海祝らしい滑りを魅せてくれましたね。


――― スケートボードへの挑戦を経て、幼き頃のチャレンジャーとしての感覚を取り戻したと聞いていたけど、今もその気持ちに変わりはない?


チャレンジャーのままです。ただその中で頂点にいたいという気持ちもあります。周りが何をしているのかではなく、自分が何をしたいのかを常に意識するようにしています。


――― 自身が二刀流に挑戦する中で得たものについてどう考えている?


チャレンジすることの意味を感じ取れました。スノーボードだけをやっていたら視野が狭まっていたなと思いますし、細かいことを上げたら切りがないくらい沢山の経験ができました。


――― 二刀流を経て、楽しかったことはある?


いつもの景色と違うことが心地いい部分もありました。一言でいうと、刺激が強かったです。厳しい状況の中でもそれどう楽しむかと、周りの見たことない景色がプラスされたことで、なかなか体験できない充実感が今思うと面白かったと思います。

 

今シーズンも平野歩夢の活躍から目が離せない。

 

さらに歩夢の弟である平野海祝がモンスターファミリーに電撃加入!

 

X GAMES デビューを果たした平野海祝とスポンサーシップ契約を締結した。

 

今後スポンサーシップを通じて日本を代表するスノーボーダーである平野海祝の活動、そしてアクションスポーツシーンをさらに応援して参ります。

 

Welcome to the Monster Snowboarding Team, Kaishu!

 

 

現在、戸塚優斗、村瀬心椛、そして平野歩夢を応援する「Retweet to Win!モンスター限定スノーボードを手に入れろ!」キャンペーンをTwitter限定で本日まで開催中。公式アカウントフォロー対象投稿のリツイートをして参加しよう。

 

また、モンスターエナジーオリジナルスノーボードやパーカーが当たる「モンスターを買ってWinter X Gamesを応援しよう!キャンペーン」も全国の対象店舗にて開催中。 ここでしか手に入らない限定スノーボードやギアを手に入れて、モンスターライダーたちが躍動するスノーシーズンを盛り上げよう!

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ