be_ixf;ym_202011 d_28; ct_100
閉じる
2018 Web | XGAMES Aspen Hero Image
NEWS

2018 X GAMES ASPEN

Jan 302018

 X GAMESの公式エナジードリンクであるモンスターエナジーにとって、チームに所属する世界トップレベルのアスリートたちがコロラド州アスペン、バターミルク・マウンテンにて開催される2018年冬季X GAMESに一同に会することを誇りに思う。1月25日から28日の日程で全種目が行われ、スキー、スノーボード、スノーモービルや迫力あるスノーバイククロスなど、モンスターチームの選手が次々にその活躍を見せた。

スノースポーツの祭典がロッキー山脈の奥深くで幕を開ける本大会は、この地で開催されて17年目となり、ESPN、ESPN2、ABCにて中継される世界トップクラスの競技大会、冬季X GAMESが山々の連なるこの場所へ帰ってきた。2018年冬季X GAMESは、アクションスポーツの他、世界で活躍するミュージシャンのライブも見どころだ。

モンスターエナジーの無敵のラインナップが、スノーボード、フリースキー、スノーモービル、スノーバイククロス、そして今年からの新種目であるハーレーダビッドソン・スノーヒルクライムなどの競技に名を連ねている。富と名声、永遠に語り継がれるX GAMESの勝者という栄光を目指して、彼らは戦いに備え挑んだ。

冬季X GAMESは冬のスポーツ競技の最高峰であり、招待される選手も限られている。大会の高い水準を維持するため、今年の参加者はさらに少なくなったようだ。モンスターエナジーで注目の選手たちはこちら。彼らがどんな戦いを魅せたかは、また後日のお楽しみとしよう。

 

クロエ・キム(Chloe Kim)、17歳の天才スノーボーダーは女子スーパーパイプで彼女にとって4つ目となる金メダルを目指す。すでに2015年と2016年のアスペン大会、2016年オスロ大会で金メダルを獲得している。彼女が最初にX GAMESでメダルを獲得したのは13歳のときで、16歳以下で3つの金メダルを手にしたのは彼女が唯一である。また2018年はクロエ・キムにとってさらに特別な年になる。先日、オリンピック代表に選ばれたことが発表され、韓国で2月に開催される平昌冬季オリンピックでも金メダルが期待されている。

 

男子スーパーパイプで最も金メダルに近いのは、ユーリ・ポドラドチコフ(Iouri Podladtchikov)平野歩夢の2人だ。ポドラドチコフは2010年と2012年のX GAMES・アスペン大会、2016年オスロ大会で銀メダルを獲得し、今年は金メダルを狙っている。また、平野歩夢は迫力あるライディングと他に類を見ないスタイルで2016年オスロ大会と同様、再び金メダルを奪い取ろうとしている。

 

スノーボード女子スロープスタイルで注目の選手といえば、この種目で常に優秀な成績を残しているジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)をおいて他にいないだろう。彼女はこれまでのX GAMESで13個のメダルを獲得し、そのうち4つは金メダルだ。2月に韓国で開催される冬季オリンピックで、前回大会に続き金メダルを勝ち取り、自宅の棚に並べるのを楽しみにしているはずだ。今回は2016年X GAMESから参加を始めた女子スノーボード・ビッグエアーにも出場する。

 

男子スロープスタイルにも、モンスターエナジー所属の有望なライダーたちが出場する。なかでもノルウェー出身、グーフィースタンスのステール・サンドベック(Ståle Sandbech)のスタイルは、選手やジャッジらのあいだで最も高く評価されている。

 

ステール・サンドベックはX GAMESで合計5つのメダルを獲得しているが、今回はなんとしても初の金メダルが欲しいところだ。さらにマックス・パロット(Max Parrot)セブ・デ・バック(Sebbe De Buck)ダーシー・シャープ(Darcy Sharpe)も出場する。カナダ出身で20歳のダーシー・シャープは、持って生まれた才能とその器用さを活かし、独創的なライディングを展開する。今大会の彼の活躍は期待できるだろう。男子ビッグエアーにはモンスターチームを代表してマックス・パロットが参戦する。彼は二面性のある選手だ。多彩なトリックを次々と生み出し、X GAMESで8つのメダルを獲得し、うち4つは金メダルで、毎年のように表彰台を勝ち取っている一方で、驚くほど控えめで静かな性格なのだ。彼はアスペン大会では2016年、2017年と2年連続で優勝している。

 

男子スキー・スーパーパイプでは、スーパースターのデビット・ワイズ(David Wise)ガス・ケンワージー(Gus Kenworthy)が優勝を期待されている。X GAMESで3度金メダルを獲得しているデビット・ワイズは、ここ3年は表彰台から遠ざかっているが、今年は再び返り咲くのを期待したい。ガス・ケンワージーは2016年のアスペンとオスロ大会でそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得し、今年は初の金メダルを狙っている。

 

男子フリースキー・ビッグエアーでは、昨年のアスペンで見事に勝利したジェームズ・ウッズ(James Woods)が出場する。ドライスロープで練習して育ったイギリス生まれの彼に期待する声は少なかったが、その進化を続けるジャンプは観客やジャッジらを驚かせた。他にも、その若さですでに4つの金メダルを獲得しているスウェーデン出身の大物スキーヤー、ヘンリック・ハーロウ(Henrik Harlaut)が出場する。

 

女子フリースキー・ビッグエアーにはモンスターエナジーからマギー・ボイジン(Maggie Voisin)デビン・ローガン(Devin Logan)ジウリア・タンノ(Giulia Tanno)エマ・ダルストローム(Emma Dahlström)の4人の選手がジャンプ台に登場する。スウェーデン出身、25歳のエマ・ダルストロームはX GAMES2016年オスロ大会のビッグエアーで銅メダル、2015年アスペンではスロープスタイルで金メダルを獲得している。

 

女子フリースキー・スーパーパイプでは、スノーボーダーのダーシー・シャープの姉で、2016年のX GAMESで4位という印象的なデビューを果たし、強烈な滑りが持ち味のキャシー・シャープ(Cassie Sharpe)が登場する。彼女はその翌月にオスロ大会で金メダルを獲得し、その演技は女子フリースキーの歴史のなかでもベストと評価された。他に、デビン・ローガンとベテランスキーヤーのブリタ・シガニー(Brita Sigourney)が登場する。

 

女子フリースキー・スロープスタイルの注目選手は19歳のジウリア・タンノだ。ルーキーとして出場した2017年のX GAMESでは、アスペンとオスロの両大会で4位に終わり、惜しくも表彰台を逃した。
フリースキー競技の3種目で表彰台を争う、エマ・ダルストローム、マギー・ボイジン、それに多才なスキーヤー、デビン・ローガンらもこの種目に出場する。

 

男子フリースキー・スロープスタイルには、この種目で圧倒的な実力を誇る5人のスキーヤーがモンスターチームから出場する。2017年のX GAMESで銅メダルを獲得した“ABM”ことアレックス・ボーリー・マルシャン(Alex Beaulieu-Marchand)は、ここ数年ケガに苦しみながらも全く手を緩めることなく、その独創的な回転技とグラビングで、フリースキー種目で目覚ましい活躍を見せている。ケベック・シティで育ち、まだ23歳と若い彼は、今大会に向けて本調子になってきている。そして同じく金メダルを狙う、ヘンリック・ハーロウ、ジェームズ・ウッズ、ガス・ケンワージー、エヴァン・マックエクラン(Evan McEachran)も、ABMを脅かす存在となるだろう。

 

スノーバイククロスには、ドゥーニーズ3(Doonies3)のスター、アクセル・ホッジス(Axell Hodges)が出場する。彼はデビュー戦となった2016年オースティン開催の夏季X GAMES、モトクロス・ベストウィップで銀メダルを獲得した。今回はスノーバイクの新種目で冬季X GAMESに出場し、さらなるメダルを狙う。スーパークロスとモトクロスのチャンピオン、ライアン・ビロポート(Ryan Villopoto)に加え、コーディー・カム(Kody Kamm)ジョシュ・ヒル(Josh Hill)キートン・ワード(Keaton Ward)もスノーバイククロスに出場する。

初開催となるスノーバイク・ベストトリックには、フリースタイル・モトクロスの革新者であるジャクソン・ストロング(Jackson Strong)が出場する。彼はX GAMESのモトクロス・ベストトリックで過去に3度金メダルを手にしているが、今回はキャリアで初めて雪上に舞台を移し、その実力を示そうとしている。さらにスノーモービル競技では、ベテランのヒース・フリスビー(Heath Frisby)ブレット・ターコット(Brett Turcotte)も、このユニークな種目に参戦する。

 

スノーモービル・フリースタイルには、今年で11年連続の参加となる、お馴染みのジョー・パーソンズ(Joe Parsons)が出場する。今回もメダル獲得を目指してマシンを駆る彼の姿が見られるだろう。

 

合計17個のメダル、そのうち5つが金メダルというとんでもない成績を残しているジョー・パーソンズは、金曜日の夜に競技が始まればモンスターチームのチームメイトでトレーニング仲間でもあるブレット・ターコット、コーリー・デービス(Cory Davis)、それにレジェンドのヒース・フリスビーと顔を合わせ戦うことになる。

 

スノーモービル・スピード・アンド・スタイル種目も厳しい戦いとなる。毎年凝った趣向のコースが用意されるバターミルク・マウンテンの麓の会場で、ベテランライダーたちがしのぎを削る。今年で11回目のX GAMES参加となるコーリー・デービスは、これまで3つの銀メダルと3つの銅メダル、合計6つのメダルを獲得しているが、はたして2018年X GAMESで初の金メダルに手が届くだろうか。

 

そして最後に、2018年冬季X GAMESで初開催となるハーレーダビットソン・スノーヒルクライムを紹介したい。常識を覆すようなこの競技にはローガン・ミード(Logan Mead)が出場する。レースに合わせて2気筒に改造されたバイクに乗り、スーパーパイプの平らな底面を駆け抜け、ライバルたちと数々の白熱した戦いを見せてくれるはずだ。昔ながらのダート・ヒルクライムで経験を積んだローガン・ミードが、雪上のコースでそのスキルをどれだけ発揮できるかが勝負の見どころだ。

 

すでに閉幕した本大会だが、モンスターエナジーでは、その様子と結果を紹介していくのでお楽しみに。

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ