be_ixf;ym_202208 d_08; ct_100
閉じる
-
NEWS

X Games California 2022 Day3

Aug 012022

 フェリックス・プランゲンバーグ(Felix Prangenberg)、X Games 2022大会3日目にBMXストリートで銀メダルを獲得

メダルラッシュは続く!X Games 2022大会3日目に、ドイツ人のチームライダーでトリックイノベーター、フェリックス・プランゲンバーグが、カリフォルニア州ビスタのカリフォルニアトレーニングファシリティ(CA|TF)で完璧なランを披露し、BMXストリートで銀メダルを獲得した。

この日の銀メダルにより、モンスターエナジーチームのX Games 2022獲得メダル数は10つになった(金メダル3、銀メダル6、銅メダル1)。大会は残り2日!

BMXストリート

 

初日、アメリカのBMXとスケートのオリンピックチーム公式トレーニング場であるビスタのカリフォルニアトレーニングファシリティ(CA|TF)が、BMXストリート決勝の会場となった。この長方形のストリートコースは、4フィートのクォーターパイプで裏打ちされ、ユーロギャップ、8段のハンドレール、ウォールライド、バンク、バンプ・トゥ・レール機能、階段、ハバリッジが装備されている。

 

BMXの進化を牽引するライダーの1人として知られるプランゲンバーグは、つい先日ヨーロッパのSimple Sessionで2位になった後にX Games 2022やってきた。テクニカルなコンボと難しいフェイキ―ランディングを好む、このプロフェッショナルなBMXドイツ人ライダーはこのテクニカルなコースに相応しい得意技を持っている。

 

プランゲンバーグは1本目のランで、ビデオパートに値するペグ・グラインドで8段レールを上がり360テールウィップオフ、クォーターパイプで360トゥフェイキー、プラットフォームをキャブ360でオフ、ノーズボンク・ザ・クォーターパイプ、階段セットを180ルックバック、ロングレールをペグ・グラインド180、ビッグレールをアイスピックグラインド、ステージをオポジット360でオフし、見事銀メダルを獲得した。

 

プランゲンバーグは現在、4つのX Gamesメダルを保持している(金メダル1、銀メダル3)。2021年、彼はモンスターエナジー制作の「Urge」ビデオパートでオーディエンスを魅了した。

 

このウェブサイトそしてESPNのライブフィードでX Games 2022の他のアクションをチェック!大会4日目、カリフォルニアトレーニングファシリティは5つのメダル競技を開催する。モンスターエナジーのナイジャ・ヒューストン(Nyjah Huston)は、男子スケートボードストリートとスケートボードストリート・ベストトリックに出場。13個の金メダルを含め合計19個のX Gamesメダルの記録更新を目論んでいる。

 

また、女子スケートボードパークではオリンピアンのリジー・アルマント(Lizzie Armanto)と若きリッパー手塚まみからも目が離せない。さらに、BMXパークとデイブ・ミラBMXパーク・ベストトリックに送り込まれるモンスターエナジーBMXチームにも期待したい。

 

4日目もX Games 2022で歴史が作られる瞬間を見逃すな!

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ