be_ixf;ym_202103 d_08; ct_100
閉じる
Ski images from day 3 X Games, Aspen Colorado
NEWS

モンスターエナジー - 2021年のX Gamesを圧勝

Feb 052021

スノースポーツにとってなんてすばらしい週末だったんだ!アスペンスノーマスで20年連続開催されているX Gamesが正式に閉幕した。モンスターエナジーは、X Games Aspen 2021でのスノーボードとフリースキーの選手の圧倒的なパフォーマンスを祝福する。3日間のライブイベントでは、世界クラスのチームが、金メダル7個、銀メダル4個、銅メダル3個を含む合計14個のX Gamesメダルを獲得したのだ。

長年の公式エナジードリンクパートナーのモンスターエナジーが提供するX Games Aspen 2021はバターミルクマウンテンで最高のアクションスポーツを披露した。ウィンターアクションスポーツの頂点には、14のメダルイベントにおいて16カ国から80人以上のエリートスキーヤーとスノーボーダーが参加した。金曜日から日曜日まで、アクションスポーツにおける超一流の選手たちがビッグエア、スロープスタイル、スーパーパイプ、ナックルハックの分野で激闘が繰り広げられた。

現在も続く新型コロナウイルス感染症パンデミックへの対応とし、X Games Aspen 2021は、通常の観客への公開や現場での音楽パフォーマンスが無しとなった。しかし、X Games Aspen 2021はESPNの米国ベースのメディアプラットフォームでライブストリーミングされ、192の国と地域で世界中の5億以上の家にテレビ放映され、世界中の何百万人ものファンが視聴した。また、ファンはモンスターエナジーを含むスポンサーからのゲーム、プレゼント、およびコンテンツをフィーチャーした仮想オンライン体験、X Festに参加する機会が提供されたのである。

厳しいコロナ対策の規定の中で競われた今大会だったが、数々の歴史的偉業もあり、全てのイベントでメダルを授与することに成功した。X Games Aspen 2021でどのような活躍が展開されたかの詳しい説明とともに振り返ってみよう。

モンスターエナジーチームのメダルランは、金曜日に競争の激しいジープ女子スノーボード・スロープスタイル決勝から始まった。ルーキーが名前を連ねる中、金メダルを守ったカリフォルニア州レイク・タホから30歳のスノーボードアイコン、ジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)は、キャブダブルアンダーフリップ900ウェドルグラブを含む自分の得意とするスタイルと圧巻の技で障害物コースを圧勝。アンダーソンと表彰台に並んだのはニュージーランドのワナカ出身の19歳のゾイ・サドフスキ=シンノト(Zoi Sadowski-Synnott)で、見事な4回目のランで銀メダルを獲得した。

 

さらに、ファンのお気に入りのウェンディーズ・スノーボード・ナックルハックイベントは、「ナックル」とも呼ばれるビッグエアランプのロールオーバーからクリエイティブなフリースタイルの動きを披露した。カリフォルニア州マンモス・レイクス出身の17歳のダスティ・ヘンリクセン(Dusty Henricksen)は、X Gamesのデビュー戦でこれまでのスノーボーダーの世界最高得点を出し、金メダルを獲得した。ルーキーはフェイキー・ノーズプレスノリーキャブ540アンダーフリップなどを披露し、また日曜日のスロープスタイル決勝のためにひそかにいくつかの切り札を用意していたのである。さらに、アンダーソンは金曜日の夜にX Gamesでスノーボード・ナックルハックに出場した初めての女性であり、歴史的偉業を成し遂げた。

 

アクションは女子スキー・スーパーパイプ決勝に移り、世界最高のハーフパイプライダーの7人が高さ22フィートの雪の構造に挑戦した。ジャムセッションは、カナダのコモックス出身の28歳のキャシー・シャープ(Cassie Sharpe)と中国出身でX Gamesの新人アイリーン・グー(Eileen Gu)との真っ向勝負となった。シャープは、新しい高さ10フィート9インチ(約3.2メートル)のレフトサイド1260エアを含む完璧な1本目のランでバーを高く設定したのである。しかし、2本目のランで大きな転倒を喫した後、シャープは棄権を余儀なくされ、銀メダルの結果を受け入れ、X Gamesの記録を5つのメダル(金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル2個)に伸ばしたのである。

 

X Games Aspen 2021の2日目は、待望のモンスターエナジー女子スノーボード・スーパーパイプ決勝でチームのメダルランを続けた。最も脚光を浴びたのは、プリンストン大学1年目を終えた、20歳のスノーボードの天才クロエ・キム(Chloe Kim)の「スーパーパイプの女王」の復帰だった。Aspen 2019での勝利後から大会出場を中断していたところから再開したキムは13フィート7インチのビッグメソッド・エアー、360インディエアー、フロントサイド1080テールグラブ、豪快なスウィッチメソッドに続いて、720ミュートグラブなど多様なランを披露し、彼女にとってキャリア6度目のX Gamesの金メダルを獲得した。オリンピック金メダリストは今や、スーパーパイプで8つのX Gamesメダル(金メダル6個、銀メダル1個、銅メダル1個)を獲得している。

 

悪天候によって土曜日のイベントがいくつか延期されたため、日曜日が週末の大会の一番の盛り上がりとなった。モンスターエナジーチームのメダルランもピークに達し、選手たちはX Games Aspen 2021の最終日になんと9つのメダル(金メダル4個、銀メダル2個、銅メダル3個)を獲得し、6つのイベントすべてで表彰台に上がったのである。

 

まず始めに、日曜日の朝はX Gamesの歴史的瞬間に立ち会った。男子スノーボード・スロープスタイルでは、これまで冬季X Gamesの20年間で金メダルを獲得したルーキーはいなかった。爽やかな秋晴れの日に半袖のTシャツだけを着たX Gamesの新人、ダスティ・ヘンリクセン(Dusty Henricksen)が、歴史に残るの勝利ランを披露するまでは。バックサイド・ダブルグラブ1440、フロントサイド・ダブルコーク900メロンからステールフィッシュのような技を披露して、ヘンリクセンは金メダルを獲得し、ショーン・ホワイトがX Games Aspen 2009で勝利して以来、男子スノーボード・スロープスタイルを獲得した最初のアメリカ人ライダーとなった。フィンランドのイサルミ出身の21歳のルネ・リンネカンガス(Rene Rinnekangas)は、決勝で調子を取り戻し、銅メダルを獲得し表彰台に上がった。  

 

さらにモンスターエナジーチームは、ジープ男子スキー・スロープスタイル決勝でもメダルを獲得したのである。バターミルクマウンテンの青空の下で、ノルウェーのオプペガード出身の22歳のフェルディナンド・ダール(Ferdinand Dahl)は、見事なスイッチ・レフトサイド1260、ライトサイド・ダブルバイオジャパン・グラブ、腰上のアリウープ720を含む完璧な走りを着地させ、銀メダルを獲得したのである。カナダのオクラン出身の23歳のエヴァン・マクイクラン(Evan McEachran)は、スイッチ・ライトサイドダブル1440のような技術的な空中技を含む革新的なランの強さで銅メダルを獲得したのである。

 

空中技はパシフィコ女子スノーボード・ビッグエア決勝でも一番の要であった。モンスターエナジーのジェイミー・アンダーソン(Jamie Anderson)が登場し、70フィートのギャップのジャムセッションを征服し、視聴者へもう一つの大きな驚きを与えた。フロントサイド・ダブルコーク1080と高度にテクニカルなキャブ・バックサイドダブルコーク1080で、アンダーソンはビッグエアで最初の金を獲得したのである。彼女は19個のメダル(金メダル8個、銀メダル7個、銅メダル4個)を獲得しており、正式にX Games史上最もメダルを保持する選手となった。アンダーソンと表彰台を共有したのは、4回目の試みで、巨大バックサイド1080ウェドルグラブを着地して銅メダルを獲得したゾイ ・サドフスキシノット(Zoi Sadowski-Synnott) である。

 

太陽がバターミルクマウンテンに沈んだあと、すべての目はモンスターエナジー男子スノーボード・スーパーパイプ決勝にあった。壮大な動揺の中で、日本の横浜出身の19歳のモンスターエナジーチームライダーの戸塚優斗は、2度の金メダリストのスコッティ・ジェームズ(Scotty James)を超え、史上最も困難なランの1つを着地させたフロントサイド・ダブルコーク1440ウェドル、続いてキャブダブルコーク1260からスウィッチバックサイドダブルコーク1080、バックサイドダブルコーク1260、フロントサイド・ダブルコーク1260を披露し、戸塚にとって初めてのX Gamesでの金メダルを獲得したのである。この勝利により、戸塚優斗のX Games Aspenでのメダルの数を3個(金メダル1個、銀メダル2個)に伸ばした。

 

週末のスノーボードアクションを盛況の内に終わらせて、リアルコスト・メンズ・スノーボード・ビッグエア決勝は、並外れたレベルの技の進化を披露した。ライダー達が、1800度の回転、複数のコーク、右左と多様なグラブをスピンする中、スウェーデンのストックホルム出身の26歳のスヴェン ・ソーグレン (Sven Thorgren) が見事な滑りを魅せた。キャブ1620とフラットスピン・バックサイド1800メロンを(約21メートル)のギャップを越えて着地させた。その後、 ソーグレン は完璧なキャブ1800ローストビーフを成功させ銀メダルを獲得。スェーデン人の7度目のX Gamesで7個目(金メダル1個、銀メダル2個、銅メダル4個)のメダルとなった。

 

グランドフィナーレの、ウェンディーズ・スキー・ナックルハックはクリエイティブな調子でX Games Aspen2021を終えた。世界で最も才能のあるフリースキーヤーの8人は、スロープスタイル・ジャンプランプのロールオーバーから技術的でスタイリッシュな動きを繰り広げた。しかし、金のナックルメダルを勝ち取るのはたった一人のライダー。スウェーデン、オーレ出身の29歳のフリースキーアイコンのヘンリク・ハーロウ(Henrik Harlaut)は、これまでに見たことのないトリックの数々を通して、彼のスキーの先端と尾を曲げ、ナックルを披露したのである。審査員はハーロウに金メダルを授与し、X Games史上最もメダルを授かったスキーアスリートとしてのレガシーを拡大するにふさわしく、13個のメダル(金メダル8個、銀メダル5個)を獲得した。

チームモンスターエナジーはX Games Aspen 2021の閉幕をなんてすごい形で迎えたんだ!

 

すべてのアスリート、関わってくださった方々、そして歴史的偉業を視聴してくださったすべての人に感謝である。

また、進行中のパンデミックの逆境にもかかわらず、世界クラスのアクションスポーツショーケースを開催してくださったESPNとバターミルクマウンテンのみなさんにも感謝である。  

 

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ