be_ixf;ym_202301 d_31; ct_100
閉じる
Dream Circles Episode 2 with Bboy Moy
NEWS

Dream Circles: B-Boy・モイ、メイソンパークを振り返る

Nov 222022

B-Boyのパイオニア、モイ・ラヴィス(Moy Rivas:別名B-Boy・モイ)の人生は、10代の頃ブレイクダンスに出会った日から一変した。ブレイクダンスは彼に目的を与え、1990年代テキサス州ヒューストンの路上で繰り広げられた無意味な暴力から逃避をさせた。その後、モイは史上最高のB-Boyとなり、ブレイクダンスの象徴となるHaviKoroを共同設立し、20年にわたるキャリアにおいて世界中の大会で複数のタイトルを獲得することになる。
 
成人し、モイはある岐路に立たされた。芸術への情熱が失われ始め、親として、夫として、そして若者中心の文化の中で中年男性として、突然困難に直面したのだ。しかし、モイは見事に立ち直った。今では、ブレイキンに身を投じ、彼の半分の年齢ほどの若手たちと戦い、2011年にヒューストンで設立したBreak Free Hip-Hop Schoolのコミュニティ・リーダーとして、次世代のB-BoysとB-Girlsを育成している。2013年、モイはモンスターエナジーのパートナーとなった。

ブレイキング(B-boying/B-girling)は50年近く前に、アーバンダンスとキツイ身体運動を融合させたダンススポーツとして誕生した。当初ブレイキンは、歩道に段ボールを広げ、ヒップホップ、ファンクソウル、ブレイクビートといった音楽にのせて行われていた。1980年代になると、このダンスアートは、ひとつの分野として体系化され、ポップカルチャーやマスメディアによって商業化されるようになった。
 
今では、世界中で独立した競技会が開催され、ほとんどの主要都市でベテランのインストラクターたちが活動している。モイのような多くの活動家たちの声により、ブレイクダンスは2018年ユースオリンピックで採用され、2024年パリ五輪のメダル種目になった。
 
今回のDream Circlesで、モンスターエナジーがB-Boyのレジェンドと対談した。モンスターのグッズを身にまとったモイは、B-Boyとして、そして通りを歩いているただの子どもとして、子どもたちが常に試されていた地域で育ったという彼の輝かしいストーリーを語っている。モイはヒューストンのB-Boyカルチャーのランドマーク、メイソンパークとモイが育ったその周辺地域を紹介してくれる。また、その場で突然B-Boyのムーブを披露し、彼のスムーズなフローを見せつけた。そして、彼の世界観を形作ったB-Boyの知恵をいくつか口にしている。
 
子供の頃、モイの母親は毎週日曜日になると賑わうコミュニティと文化の中心地であるメイソンパークから2ブロックのところに住んでいた。午後5時から10時まで、通りはカスタムローライダーが渋滞し、パークは家族や友人の集まりで騒がしかったことを彼は思い出す。
 
ある日、モイはメイソンパークのジムの中にステージがあることに気づき、エアコンが効いた中で練習できないかと尋ねた。メイソンパークはその後数年間、彼の活動拠点になった。HaviKoroのクルーはそのジムで腕前を磨き、モイとHaviKoroは毎週日曜日の午後、メイソンで他のクルーたちとバトルを繰り広げた。
 
1990年代のヒューストンはブレイクダンスカルチャーの温床だったが、ギャングの暴力で悪名高い場所でもあった。モイは、通りを歩いているだけで追われたり、時には強盗に遭ったりしたことを覚えている。また、弟と一緒に銃を突きつけられ、ラジオを盗まれたときは、その後数か月間悲しみに沈んでいたという。モイは、自分が直面した事例について、それを教訓として強さとコミットメントのテストとして捉えたと哲学的に語っている。
 
B-Boyのライフスタイルは、モイにインスピレーションと教訓を与え続けている。年齢を重ねるにつれ、ブレイクダンスは彼に人生と忍耐力について多くのことを教えてくれた。彼は次のように語っている。「ブレイキンは、その場でソリューションを見つけることができること、クリエイティブで戦略的であること、適応力があること、そして自分にはミッションがあることを自覚することだ。外の世界に出て、貪欲になり、成長し、学び、何かを成し遂げるということがミッションだ。」

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ