be_ixf;ym_202012 d_04; ct_50
閉じる
Sunday images from the 2020 F1 Turkish Grand Prix
NEWS

ルイス・ハミルトン 2020年F1世界選手権ドライバーズチャンピオン獲得

Nov 182020

7度のF1世界選手権タイトル。簡単におさらいしてみよう。

 

 

F1レースの試練のなかで選手権タイトル獲得は、どのドライバーにとってもキャリアを通して挑み続ける野望のひとつ。しかし、7回のタイトル獲得は異次元レベル。言うまでもなく、歴史的快挙だ。ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)の偉業は、2004年にミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)が樹立した記録に並ぶ、7度目の世界チャンピオンに輝くF1史上2人目のドライバーになることを意味している。さらに、メルセデス-AMG・ペトロナスF1・チームは、F1史上初となるドライバーズとコンストラクターズタイトルのダブルタイトルを7年連続で獲得している。

もちろん、これらすべては年末のFIAによる公式確定を待たなければならないが、ハミルトンの7度目のタイトル獲得は、異例のレース年となっているものを締めくくる。彼をレース勝利数で最も成功したドライバーにした、ポルトガルGPでの勝利以来、ハミルトンは、このスポーツがこれまで目にした中で最も偉大なドライバーの1人として、自らのレガシーをさらに強固なものにしている。

選手権の記録と同じ調子で、ほとんどのドライバーは2,3つの自己最多記録の獲得を喜ぶだろう。しかし、ハミルトンは現在37の個人記録を保有している。それらは勝利数、ポールポジション、ポイント、最速ラップ、表彰台、そしてF1レースで考えられる他の側面に渡っている。それに加えて、ハミルトンは、今回の選手権カレンダーから削除されたイベントのインド、韓国、欧州GPを除いて、彼がF1でレースをしたことのあるほぼすべてのサーキットで勝利しいる。

ハミルトンは、彼がメルセデスAMG・ペトロナスF1・チームと契約した2013年のF1シーズン初めにモンスターエナジーファミリーに加わった。2017年モンスターエナジーとハミルトンは、オリジナルドリンク「44」を発表。この製品は、彼のレースキャリア開始時の、そして複数のチャンピオンシップで優勝した時の、現在はF1レースで使っている車体番号、44にちなんで名づけられた。

 

「どのように言葉にすればいいのか、少し迷っている。当然のことながら、僕らに力を、そしてこの機会を与えてくれた、ここにいる、そして工場にいるチームメンバーのみんな、またすべてのパートナーに感謝することから始めなければならない。このチームに参加していなければ、達成できなかっただろう。僕らのこの旅は、とてつもないもので、僕はみんなをとても誇りに思っている。何年にもわたって僕を支えてくれたチームLHと家族に心から感謝していると言いたいよ!

 

幼い頃、グランプリレースを見ているときにこれを夢見ていた、そして想像していたことをはるかに超えた結果になった。世界中の子供たちが、願わくばこれを見て、何かを達成することなんてできないと言う誰かの話に耳を傾けるべきではないと、知ってくれることが重要だ。不可能を夢見て、可能にするんだ。そのためには、努力しなければならない。それを追いかけて、決して諦めてはいけない。そして、決して自分自身を疑わないことだ!

 

今日が難しいレースになることはわかっていた。予選の結果にはひどく失望したよ。劣勢なことも知っていた。最善を尽くしたが、そこから多くを学んだ。これがチームとして僕らがやることなんだ。責任を擦りつけ合うことはせず、徹底的に話し合い、常に前進できるようにコミュニケーションをとって、改善する努力を続けるんだ。いつも完璧とは限らないし、今日は、チャンスを失ったと思っていても、静かに、プッシュし続けた。レースをコントロールしているように感じて、雨が降ったら、それに対処するつもりだった。しかし、驚いたよ。この結果には、信じられないよ!」

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ