be_ixf;ym_202008 d_14; ct_100
閉じる
Stills captured by Anton Strickland during MotoGP pre-season filming
NEWS

MotoGP - VR46アカデミーの内部へ

Jul 172020

 そこは数々の伝説が生まれ、将来のチャンピオンたちがトレーニングを行うMotoGPのメッカ。1人の男のビジョンから生まれたVR46アカデミーはイタリア北部郊外の風光明媚な場所にある。

タヴッリアは、ザ・ドクターこと、世界チャンピオンを9回獲得してきたバレンティーノ・ロッシ Valentino Rossi - の故郷であり、伝説のモーターランチ、VR46がある。その施設の中心には、1.5マイルの専用ダートトラックが設けられており、ロッシ、彼の仲間、そしてVR46アカデミーのライダーたちが、グランプリでの勝利を目指して自分たちの技術に磨きをかけている。

「アカデミーの目的、それはイタリア人選手たちのレベルをトップレベルにするための支援だ。速い選手を受け入れるようにしているけれど、良い態度も必要。そして、僕たちのハートで決めているんだ!」とロッシは説明する。

 

エイペックスとバイク・コントロールを学ぶために必要なのは、ダートトラックだけではない。VR46ランチは、最高レベルのグランプリレースを目指す簡単ではない道のりを、一緒に成長しながら進めるように若いドライバーたちを支援するという、ロッシのビジョンを実現している。こうしたことは、若い選手の成長においてしばしば見過ごされているものだ。

 

「僕らはライダーとして、また同時にアスリート、そして男として成長できるようにアカデミーの生徒たちを助けたいんだ。彼らと自分の経験を共有できるし、僕たちが抱えている人生全般、ガールフレンドなどの問題、そして僕らの情熱について話し合うこともできる。でも、僕も助かっているんだ。いつまでも若いままでいられるからね!」とロッシは続けた。

元VR46アカデミーのスーパースター、フランコ・モルビデッリ(Franco Morbidelli)などのMotoGPの仲間たちに加えて、ロレンツォ・ バルダッサーリ(Lorenzo Baldassarri)、ルカ・マリーニ(Luca Marini)、アンドレア・ミグノ(Andrea Migno)、ニッコロ・ブレガ(Nicolò Bulega)、ニッコロ・アントネッリ(Niccolò Antonelli)、フランチェスコ・バニャイア(Francesco Bagnaia)、デニス・フォッジャ(Dennis Foggia)、マルコ・ベッツェッキ(Marco Bezzecchi)、セレスティーノ・ヴィエッティ(Celestino Vietti)、ステファノ・マンツィ(Stefano Manzi)など11人の若いライダーがMoto2とMoto3にわたるロッシのプログラムに現在参加している。

 

ベッツェッキとアントネッリが次のように詳しく語ってくれた。

 

「アカデミーに選ばれたことは、僕のキャリアで得たチャンスのなかで最も大きなものの1つだ。バレ(ロッシのニックネーム)は僕のアイドルさ!」とVR46アカデミーのMoto2選手、ベッツェッキは言う。

 

「バレは人間として素晴らしい。彼に何か尋ねると、いつでも時間を作ってくれる。そして、彼は世界一のライダーだ。僕らは毎週土曜日にレースをするんだ。他のライダーと競う方法や、バイクのコントロール方法をたくさん学べるし、レベルはとても高い」とVR46アカデミーのMoto3選手、アントネッリが付け加えた。

 

レーサーなら誰でも自分専用のトラックを持つことを夢見ている。しかも、ここはロッシのトラック。さあ、ザ・ドクターと一緒に、夢が生まれる場所である、そのトラックと施設を特別に見学させてもらおう。

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ