be_ixf;ym_202211 d_30; ct_100
閉じる
Action Shots from the CPH Open
NEWS

CPH Open - アイショッド・ウェアが優勝

Aug 042017

デンマークのコペンハーゲンで開催された2017 CPH Openプロフェッショナル・ストリート・スケートボーディングにて、モンスターエナジー契約アスリートのアイショッド・ウェアが優勝した。コペンハーゲン・スケートパークで開催された「Street」は、“スケートボード界のシャンパン”と呼ばれ、年に一度の祭典にふさわしいグランドフィナーレとなった。ニュージャージー州出身の25歳は、熱狂する観客を前に、ブラジル、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、アメリカから集まった世界トップクラスのストリートのプロがひしめく中で優勝を勝ち取った。モンスターエナジーのチームメイト、ルーン・グリフバーグレイヴン・ターシーは、「Pro Bowl」で2位と3位に入った。 

CPH Openは、世界でも最も権威あるスケートボーディング・イベントの一つとして広く知られ、毎年世界中からトップ・スケーターたちをデンマークの首都に招待し4日間にわたり行われる。プロでも憧れる本物の「スケーターのためのコンテスト」、CPH Openは、コペンハーゲンの素晴らしいストリート・スポットで行われる「Best Trick Session」や「Pro Bowl」、屋内スケートパークで行われる「Street」といった3つの競技を組み合わせて行われる。

 

コペンハーゲンの最先端の屋内スケートパークで「Street」決勝が始まると、観客の熱狂は最高潮に達した。ウェアは、熱心な観客や仲間のスケーターの声援を受け、ロングレールのFSフィーブルグラインド、キッカーからフラットへの大きなノーリーヒールフリップ、ビッグレールでのBSオーバークルック、クォーターパイプでのFSノーズボーンエア、FSキックフリップからフェイキー・オーバーザヒップ、クォーターパイプでのワンフットオーリーブラント、ノーリーインワードヒールフリップ・オーバーザヒップ、クォーターで360キックフリップからフェイキーと、完璧なランをつないで優勝した。

 

「Street」の後はバレルジャンプ・セッションやパーク内を回るデスレース・セッションと続き、2007年にCPH Openが始まって以来、最も多くのコンテンツが詰まった大会となった。今年のCash for Tricksセッションは「Street」の予選を兼ねており、トライアングル、プラネタリウム、ミートパッキングディストリクトなどのスポットにて行われ、町中のあちこちで大勢の観客を集めた。

 

「Pro Bowl」では、モンスターエナジー契約アスリートでコペンハーゲン出身のグリフバーグが、曲がりくねる垂直のボウルを縦横無尽に滑り2位に入った。注目はディープエンドでのテールグラブゲイツイスト、オーバーバートセクションでのBSリップスライドBSスミスグラインド、高さのあるFSノーズボーンエアなどだ。チームメイトのターシーは、誰もやったことのないオーバーバートセクションのトップから下のバートボウルへのオーリートランスファーで観客を沸かせ、さらにスタンドアップ5-0グラインド・アラウンドザコーナー、ディープエンドでの大きなインディエア、トゥイークを入れたFSエア、BSノーズグラインドテールグラブ・オーバーザヒップを決め3位となった。

 

ピクニックテーブルを使った「Best Trick Session」では、モンスターエナジーのマット・バーガーが2位となった。バーガーは「Street」決勝でも、ビッグフリップからロングレールのFSボードスライドフェイキーなど、彼独特のテクニカルな動きを見せたが、惜しくも今年の勝者ウェアと並んで表彰台に立つことはできなかった。

 

ウェアは、「Street」、「Pro Bowl」、「Park」など、どのようなシチュエーションでも、技をさも簡単にメイクするスタイルで知られている。「スケーターの中のスケーター」と言われる彼は、誰もが憧れるThrasher誌のSkater of the Yearを受賞している(2013年)。競技における彼のスケートボーディングへのアプローチは自然体で予測不能だが、実力は折り紙つきだ。チームメイトのナイジャ・ヒューストンのような表彰台の常連ではないが、昨年のX Games Austinではストリート部門で銅メダルを獲得し、地元ニュージャージーで行われた2014年のStreet League Skateboarding (SLS) Nike SBスーパークラウンワールドチャンピオンシップでの3位など、SLSシリーズでも何度かトップ3に入っている。

 

今後のモンスターエナジー契約アスリートの出場予定としては、8月13日にシカゴのUIC Pavilionで開催される2017 SLS Nike SBスーパークラウンワールドチャンピオンシップのストップ2にアイショッド・ウェア、ナイジャ・ヒューストン、クリス・コール、カイル・ウォーカー、マット・バーガーが出場する。この大会は、2017年9月15日にロサンゼルスで開催されるSLS Nike SBスーパークラウンワールドチャンピオンシップ行きのゴールデンチケットを獲得する最後のチャンスとなる。注目しよう!

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ