be_ixf;ym_202012 d_04; ct_100
閉じる
Sunday images of Joan Mir at Valencia winning the 2020 MotoGP Championship
NEWS

MotoGP - ジョアン・ミルが2020年世界チャンピオンを獲得

Nov 202020

 #M1R; Joan Mir; 2020 MotoGP™ Word Champion(ジョアン・ミル、2020年MotoGP世界チャンピオン)。この結果を誰が予想できただろうか。スペイン、パルマ出身、23歳のジョアン・ミル(Joan Mir)が今年の選手権を盛り上げている。13レースで7回表彰台にのぼり、ライバルたちを見事なスタイルで抜きさり、20年ぶりにスズキのライダーが最高峰クラスの王者となった。

この歴史的偉業をもっとはっきりさせよう。スズキのGSX-RRに一貫して乗り続けるミルは、今シーズンヨーロッパGPの1回しか勝利していないのにも関わらず、1レースを残し、ライバルを37ポイント引き離して今年の選手権を締めくくったということだ。

「正直なところ、まだ信じられないよ!状況全体を理解するだけでも、数時間かかりそうだ。今は少しショック状態なんだ!コロナウイルスの影響でレースでも家でも、ずっとたくさんのプレッシャーがあった。だから、僕らがその状況を乗り切る方法は、途方もないものだった。そして、今度はタイトルを獲った。僕にとってのMotoGP2年目に、そしてスズキと一緒に、信じられないよ。

「これが自分にとってどれほど意味があることかを言葉で表現することはできない。僕が言えることは、これを可能にしてくれたすべての人々に感謝したいということ。僕の家族、スズキ。彼らは僕を支えてくれて、MotoGPでレースをして世界チャンピオンになれるチャンスをくれた。タイトルを獲って、スズキをトップの座に帰り咲かせることができたことにとても満足している。「ワールド・チャンピオン」の文字をピットボードで確認したとき、こう思った。これは僕に起こったことなのか!と。そして、泣き始めた!スタンドにファンがいないのは残念なことだ。ファンたちはいつだってレースで特別なモチベーションになるし、一緒にお祝いできることは、最高に嬉しいことだからね。ここサーキットと浜松の工場で、僕のバイクをもっと速く、より良くしようとしている、スズキの皆に心から感謝したい。だから、僕たちは今このポジションにいることが出来るんだってね!」

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ