be_ixf;ym_202005 d_27; ct_100
閉じる
Images from the 2019 Formula One US Grand Prix
NEWS

F1 - ルイス・ハミルトン、6度目の世界チャンピオンに輝く

Nov 082019

 ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)は、テキサス州オースティンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で行われたF1第19戦アメリカGP決勝戦で2位に入賞し、6度目のF1世界選手権のタイトルを獲得した。メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツチームのスターであるハミルトンは、かつてシルバーアローに所属していたドライバー、ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)が持つ7度の世界チャンピオン獲得回数にあと1回でタイ記録に並ぶこととなった。

今シーズン、ハミルトンは驚くほど一貫性のあるパフォーマンスを発揮し続けた。ミスを犯すことは極めて稀であり、いつ攻めるべきか、また、いつタイヤの消耗を抑えるべきかを的確に見抜き、確実に遂行した。ハミルトンは今回のアメリカGPでの結果によって、グランプリ参加248回のうち83回の優勝を含む150回の表彰台獲得という、驚異的な戦績を記録することとなった。特にこれまで10勝を挙げている2019年シーズンは、ハミルトンにとって過去最高のシーズンの1つであることは言うまでもないだろう。

「今年、僕らは一貫して成長し続けた。今シーズンは予選で結果を出し続けられたのは、昨シーズンが終了した時点で既に今シーズンに向けた準備を進めていたからだ。去年に比べればポールポジションの回数は多くなかったけれど、大抵のレースで着実に1列目か2列目のグリッドからのスタートを手に入れていたよ。」

「今年は最高のパフォーマンスを発揮できた1年だった。例えるなら、大きな作品に取り組んでいるけどまだ完成からは程遠い、みたいな感覚だ。大きな作品を仕上げるには、とても長い時間を必要とする。仕上がりつつあるようにも感じるけれど、実際はまだまだ学ぶべきことがたくさんある。」

まだ埋めるべき課題が多くあると、ハミルトンは認識している。

「この先はもっと山あり谷ありな人生が待ち受けているだろうけど、そんな浮き沈みにも対処できる最善のツールを入手できたと思っている。」と、ハミルトンは続けた。

ハミルトンは、自分の記録や成果を全く気にしていないとはいえ、シューマッハの記録に並ぶ立場にあることの重要性を徐々に意識するようになっていた。

「僕は、シューマッハの記録に並ぶことは自分の目標ではないと常々言い続けてきた。記録とかそういった類のものとかには全く興味もないし、執着心も抱かないタイプなんだ。まだ道のりは長いけど、あと数年はここにいるので、彼に近付けることを願っているよ。2020年の年末や2021年に何が起こるか想像しないようにしているけれど、きっと僕は成長を続け、このチームやF1でもっとたくさんのことを成し遂げていると信じたい。時間が経てば分かることだろうね。」と、ハミルトンは続けた。

 

ハミルトンの快進撃の前に立ちふさがり、オースティンでのタイトル獲得を阻止することができたのは、シルバーアローのチームメイトであるバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)ただ1人だった。今回、ボッタスは見事なレース運びでリードを保ち続け、結果的にCOTAで優勝を飾った。しかし、ハミルトンが2位でゴールした瞬間、彼のタイトル獲得が確定したが、ボッタスは速やかにハミルトンの偉業を称えた。

 

「(ハミルトンの)タイトル獲得を遅らせて、僕自身のタイトル獲得への望みを少しでも長くつなぎとめるために僕にできる唯一のことは、優勝することだった。僕は自分の役割を果たせたから良い気分だよ。でハミルトンは普段通り、今週末も強かった。だからハミルトンは確実にポイントを獲得し、チャンピオンのタイトルを手にしたんだ。」と、ボッタスは語った。

 

「正直、複雑な気持ちだよ。個人的には、今週末の僕はとても強かったと思っている。でも一方で、“チャンピオン以外での最高順位”という結末については、あまり良い気分ではないね。」

 

「でも、どんな時でもポジティブな側面に目を向ける必要がある。今年は僕にとってF1での最高なシーズンだ。それについては素直に嬉しく思う。他のポジティブな部分を言うとすれば、レースのペースに関して大きく前進できたことだ。今回のように僕がレースに勝つことができた。ルイスはこのレースに優勝した上でタイトル獲得を決めたかったに違いない。僕はそれを阻止することができたんだ。とても良い気分だ。既に来シーズンが楽しみでしかたないよ。新たなチャンスがたくさん待ち構えているはずだからね。」と、ボッタスは続けて語った。

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ