be_ixf;ym_202205 d_22; ct_100
閉じる
Images of the 2022 Mercedes-AMG F1 W13 E Performance Launch
NEWS

LUCKY THIRTEEN:2022年メルセデスAMG F1 W13 E発表

Feb 182022

再設計・新しいカラーリングとレースの準備が整った。F1新時代を迎えるなか、まったく新しい2022年メルセデスAMG F1 W13 E Performanceの全貌が明らかになった。エアロ、シャシー、パワートレイン、18インチホイール、E10燃料における全面的な見直しと、シルバーアローの最新マシン構築の基礎となっている一連の新しいレギュレーションは近年の中でも最も大きな変化を象徴している。

ブラックリーとブリックスワースの工場における18か月間にわたる苦労の最終成果がW13E、98%が新設計だ。実際、その前身である2021コンストラクターズ・チャンピオンシップで優勝したW12から引き継いでいる要素はステアリングホイールだけだ。

2022年シーズンW13の運転席には、ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)とジョージ・ラッセル(George Russell)の新しいドライバーパートナーシップがおさまる予定だ。ジョージ・ラッセルは、メルセデス・ヤングドライバー・プログラムを卒業して、8度のワールドチャンピオンに輝いたメルセデスAMGワークスチームにステップアップした。 

「W13の作業を開始して以降、テクニカルレギュレーションがもたらすチャンスが大きく、これまでにないほどチームメンバーに興奮・熱狂を感じた。マシン構築プロジェクトがまとまる年末に向けて組織全体に深い情熱を私は感じた。テクニカル分野だけでなく『自分たちにはできる』というマインドセットがブラックリーとブリックスワースのベース全体に広がった」とメルセデスAMGペトロナスF1チームプリンシパル兼CEOトト・ヴォルフ(Toto Wolff)は言う。

 

「ハイブリッド時代に入り、直近の大きなレギュレーション変更に対して我々は上手くやってのけ、2017年に幅の狭いマシンから、幅の広いマシンに移行した時の成績は良いものとなった。我々は素晴らしい実績を残してきたが、私のメッセージは明確だ。過去に成功していても、今年のパフォーマンスはわからない。しかし、2022年シーズンに向けて可能な限り最高の仕事をするために、チームのスタッフ、我々の文化、組織構造、そしてマインドセットを頼りにすることはできる」とトトは続けた。

引き続きスクロールして、スペックを確認。

シャシー


モノコック:成形カーボンファイバーとハニカムコンポジット構造


ボディワーク:エンジンカバー、サイドポッド、フロア、ノーズ、フロントウィング、リアウィングを含むカーボンファイバーコンポジット


コックピット:解剖学的に形成されたカーボンコンポジット製取り外し可能ドライバーシート、6点式ドライバーセーフティハーネス、HANSシステム


安全構造:耐衝撃構造と貫通パネルを組み込んだコックピットサバイバルセル、フロントインパクト構造、規定のサイドインパクト構造、一体型リアインパクト構造、フロントおよびリアのロール構造、チタンドライバー保護構造(ヘイロー)


フロントサスペンション:カーボンファイバー製ウィッシュボーン、プッシュロッド式トーションスプリング、ロッカー


リアサスペンション:カーボンファイバー製ウィッシュボーン、プルロッド式インボードスプリング、ダンパー
ホイール:BBSマグネシウム鍛造


タイヤ:ピレリ
ブレーキシステム:カーボン・インダストリーズ・カーボン/カーボンディスクおよびパッド、リアブレーキバイワイヤ付き


ブレーキキャリパー:ブレンボ
ステアリング:パワーアシスト式ラック・アンド・ピニオン


ステアリングホイール:カーボンファイバー構造
電気系:FIA標準ECUおよびFIA認証電子・電気システム


計器:マクラーレンエレクトロニックシステムズ(MES)


燃料システム:ATLケブラー強化ゴムブラダー


潤滑剤(油):ペトロナスTutela

トランスミッション:


ギアボックス:前8速・後1ユニット、カーボンファイバーメインケース付き


ギア選択:シーケンシャル半自動油圧作動


クラッチ:カーボンプレート

 

寸法:

全長:5000 mm以上


全幅:2000 mm


全高:970 mm


総重量:795 kg

 

パワーユニットスペック:
型式:メルセデスAMG F1 M13 E Performance


最小重量:150 kg

内燃機関(ICE)

 

容量:1.6リットル


シリンダー:6


バンク角:90


バルブ数:24


最高回転数:15,000 rpm


最大燃料流量:100 kg /時(10,500 rpm以上)


燃料噴射:高圧直接噴射(最大500バール、1つのインジェクター/シリンダー)


プレッシャーチャージング:共通シャフト上の単段コンプレッサーと排気タービン


最大回転数/排気タービン:125,000 rpm

エネルギー回生システム(ERS)


構造:電気モータージェネレーターユニットによる統合ハイブリッドエネルギー回収


エネルギー貯蔵:最小20 kgの規制重量のリチウムイオンバッテリーソリューション


最大エネルギー貯蔵/周:4 MJ


MGU-K最大回転数:50,000 rpm


MGU-K最大出力:120 kW(161 hp)


MGU-K最大エネルギー回収/周:2 MJ


MGU-K最大エネルギー放出/周:4 MJ(フルパワーで33.3秒)


MGU-H最大回転数:125,000 rpm


MGU-H最大出力:無制限


MGU-H最大エネルギー回収/周:無制限


MGU-H最大エネルギー放出/周:無制限

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ