be_ixf;ym_202105 d_18; ct_50
閉じる
Photo assets for the Mesa II project in Virgin, Utah.
NEWS

MESA2

Apr 122021

 モンスターエナジー・チームライダー、イーサン・ネル(Ethan Nell)トム・ヴァン・スティーンベルゲン(Tom Van Steenbergen)出演のマウンテンバイクムービーの第2弾『MESA2』が世界に向けて初公開された。3分22秒の新作動画は、モンスターエナジーのYouTubeチャンネルで公開中。2019年に世界中で大きな興奮の渦を巻き起こしたバイラル動画『MESA』の続編として、ドラマチックなユタ州の砂漠を背景に自然の地形を乗りこなす革新的なライディングをエネルギッシュに収めている。

MESAシリーズ第一弾は既に16万6,000回以上の視聴回数を獲得している。新作を作るにあたりネルとヴァン・スティーンベルゲンは、ユタ州の砂漠のなかで整備されたジャンプ台の強度を再検討し、数段ノッチを上げて撮影に臨んだ。急な落下、自然がつくったギャップ、正気とは思えないスピード、そしてミスが許されない前作よりもスリリングに仕上がったワンランク上のフリーライド動画を見逃すな!

MTB界の先駆者である2人は前回同様、世界中からライダーたちが腕試しにやってくるユタ州の砂漠に挑戦している。ライダーの夢を実現させるか、それとも敗れるか、数々の岩と急斜面が並ぶ自然の地形が挑戦の舞台となる。

この動画の撮影は困難な条件下で始まった。ヴァン・スティーンベルゲンは、2020年半ばにロードギャップのジャンプで大腿骨を骨折。だが、競技会で初めてダブル・バックフリップを披露したことで知られる、ベテランのプロMTBライダーの彼は、何の躊躇もなく本施策の撮影に参加した。

 

ヴァン・スティーンベルゲンは、ユタ州の岩だらけの山の麓で育ったネルと一緒にこの動画のヘッドラインを再び飾った。若き新人のネルは、この過酷な砂漠環境の中でモトクロス・BMX・マウンテンバイクに乗って育った。この環境下で培った技術は動画内で証明されている。テクニカルなエアとドロップインに注目だ。容赦ない岩肌、悲惨な結果になる可能性もあるユタ州の砂漠で一部始終が撮影された。

エネルギッシュなアクションと広大な砂漠の風景に、ブラッド・レッド・サンが演奏する『Lay Me in the Ocean』をフィーチャーしたサウンドトラックが絶妙に合う。カルヴァン・フート(Calvin Huth)とピーター・ジェイミソン(Peter Jamison)による新作の撮影は、パノラマの景色、空中ショットなど様々な撮影技術を駆使して、MTBライドを大規模で捉えている。

 

ネルやヴァン・スティーンベルゲンのようなライダーが力を合わせれば、作品はもちろん傑作になる。2人のライダーが強烈なトリックを披露する『MESA 2』を見逃すな。

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ