be_ixf;ym_202011 d_28; ct_100
閉じる
Shots for Vague A L’ame Trailer in France
NEWS

シェーン・ドリアン – VAGUE A L’AME 独占インタビュー

Jul 102018

ハワイ出身のベテランビッグウェーブサーファーとして知られているモンスターエナジーのシェーン・ドリアンに映画「VAGUE A’LAME」の見どころについて、インタビューをすることが出来た。シェーンは、息子ジャクソンが日本で開催されたWSLジュニアの大会に出場に合わせて来日。大会終了後の夜、神奈川県藤沢市民会館にて、上映会が行われた。

 

今回の旅の目的と今日の波のコンディションについて、教えてもらえますか?

今回は、藤沢と下田へ行くサーフトリップのため、短期間ですが来日しました。ちょうど台風のうねりが湘南にも到達して、今朝よりも少し波が良くなって来てますね。今日はジュニアの大会だからそこまで波が大きくなくても十分です。


VAGUE A L’AMEは、見どころが沢山あると思いますが、どのような映画ですか?
VAGUE A L’AMEは、ストーリー仕立ての映画です。登場人物は、フランス出身で巨大な波に挑むモンスターチームライダーのベンジャミン・サンチス。もう一人の登場人物は、ジャスティン・ベックレット。彼も15歳ながらにしてビッグウェーブに挑みます。サンチョを始めビッグウェーブを舞台に自らの夢を掴みに行くという内容です。夢を追いかけることは、とてもクールですよね。私は夢に向かってステップアップしていく彼らのお手伝いやメンター役としてサーフトリップに同行しました。私がサンチョのガイドやメンターを務め、今後サンチョが次の世代へ、という3世代のビッグウェーブサーファーのストーリーというのも見どころのひとつだと思います。

 

今回の映像ではポルトガルのサーフポイント「ナザレ」がフィーチャーされていますが、どのようなポイントですか?他のビッグウェーブポイントとの違いも教えてもらえますか?

ナザレは、10年くらい前から破壊的な大波が出現することで有名になったポイントです。ハワイのジョーズやカリフォルニアのマーヴェリックスは、年1~2回ほど超大波が来るのに対して、ナザレは年10~15回も大波が現れます。ビッグウェーブサーファーからするとコンスタントにサーフィンが出来るポイントなので、驚きです。さらにナザレは、恐らく世界で最もヘビーウェーブ(離岸流や波圧が凄まじく強烈な波の意味)なポイントです。地形も違えば、波の割れ方も他とは全く違いますね。大半のポイントは波のうねりが厚すぎてトーイング(水上バイクで引っ張ってもらいテイクオフする方法)で波に乗るんですが、私は巨大な波をパドル(手漕ぎ)でテイクオフすることを生き甲斐にしています。もちろんチャレンジングです。今回パドルでテイクオフすることをゴールにナザレを訪れて、あの巨大な波を実際にパドルでメイクして知りましたが、ナザレは本当の意味で素晴らしいポイントのひとつです。といえ超怖いです。

 

ビッグウェーブサーファーのトレーニングと言えば、水中で岩を持って走ったりしている映像を見たことがありますが、最新のトレーニング方法を教えてもらえますか?
水中で長く息を止めるトレーニングは今もします。最近では敢えて心拍数が高い状態で息を止めるトレーニングも取り入れていますね。心臓がバクバクの状態で平常心を保ちさらに息を止めるので、すごく難しいんです。トレーニングは沢山しないと身の危険を感じます。超怖いです。超危険ですから。

 

ビッグウェーブに挑む瞬間の気持ちを教えてもらえますか?大波に挑むサーファーへアドバイスをもらえますか?
サーフィンが好きという気持ちです。昔、大波に挑戦する時は興奮状態でしたが、この年になってだいぶリラックスした状態で挑んでいます。明確なゴールを設定した上でビッグウェーブに乗りたいという気持ちを持つこと。とにかく自分を過信せず、今日は出来ると思ったら、自身にとって今まで乗ったことのない超大波にも挑むのです。大波を乗る明確な理由を設定することがとても大切です。私もその理由があるのでビッグウェーブに挑んでいます。昔は大波が来る度に自分を興奮状態にさせていましたが、今はだいぶ我慢強くなってリラックスした状態で大波に向かいます。体調が絶好調でものすごく良い波のコンディションであればもちろん沖へ出ますが、そうでない時は波だけチェックしたりします。「果報は寝て待て」ということをビッグウェーブサーフィンから学びました。

 

最後に日本のモンスターファンへメッセージをお願いします。
モンスターエナジーのファンでいてくれてありがとうございます。モンスターエナジーのサーフィンに対するサポートは素晴らしいと思います。サーフィン以外にも様々なシーンをサポートしていてクールですよね。モンスターに関わると毎回エキサイティングなことだらけで楽しいです。

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ