be_ixf;ym_202010 d_22; ct_100
閉じる
Images from Ken Block's Gymkhana TEN
NEWS

Gymkhana TEN - ケン・ブロックの待望の最新作、「ジムカーナ10」公開

Dec 212018

 待ちに待ったケン・ブロック(Ken Block)の壮大な最新作「ジムカーナ10」が解禁された。「ジムカーナ10」は特殊な5台のマシンで5つの異なるロケーションへ観る者を旅へと誘う。

2008年後半、HHIC(Head Hoonigan In Charge)のケン・ブロックは、閉鎖されて荒れ果てた飛行場で、ドロップクラッチのテクニックを駆使し、派手なドリフト走行を披露した。この様子を収めたオンラインビデオが、記録を破り真のヒットシリーズとなったのだ。このようなビデオシリーズは前代未聞の作品である。ケン自身の言葉を借りれば、「ジムカーナ」とは、「広場や駐車場で開催される自動車のスポーツ走行であり、ドライバーは、加速、減速、そしてドリフトを駆使し、一連のコーンの周りを走行し、180度転回、360度旋回、さらに8の字ターンを織り交ぜながら様々な障害物を巧みにかわしつつ最速で駆け抜ける高度なドライビングスキルが要求される。」という。

タイヤから凄まじい白煙を噴き上げ続け、ラリーステージで身に着けてきたスキルを融合し、幾多の受賞歴を誇るそれぞれのジムカーナの長編シリーズで、正確無比なドライビング、プロダクション、そして開いた口が塞がらないほどの驚異的なテクニックをかつてない高みにまで持ち上げた。

ジムカーナ10の旅路は、スウェーデンのルレオから始まる。ケンは現行型の2018年型フォード・フィエスタWRCを氷雪路の上で自在に走らせている。ケンのジムカーナ動画シリーズにおいて初となるシーンだ。その後、シーンはミシガン州デトロイトへと飛ぶ。ここでケンは自身のフォード・マスタング・フーニコーンRTR V2を駆り、タイヤをすべて摩耗し尽くす。
 

次に、舞台はメキシコのグアナフアトへ移る。ここでケンは、フォード・フォーカスRS RXのハンドルを握り、美しい山々に囲まれた町に広がる色鮮やかな街路やトンネルを縦横無尽に駆け回る。その後、フルスロットルのままシーンはカリフォルニア州ロサンゼルスへ切り替わる。ケンは愛するフォード・エスコートRSコスワースのグループA仕様車を走らせ、制御不能の半歩手前のスライドを駆使し、剥き出しの金属ホイールから盛大な火花を散らし、タイヤからは大量のスモークを巻き上げ続ける。最後はテキサス州シャムロックの歴史的なルート66へと誘われる。ケンの真新しい今回世界初お披露目となる1977年型フォードF-150をベースとした「Hoonitruck(フーニトラック)」だ。ここでケンはテキサスの小さな町を大混乱に陥れる。

 

僕がこのジムカーナビデオを制作するようになってもう10年経つなんて、信じられないよ。ワイルドな世界さ!だから10作目の今作では、これまでにない大きな規模で最高の作品を作ろうとしたんだ。作品のコンセプトの考案から、アマゾン・プライム上でザ・ジムカーナ・ファイルズをリリースするまで、製作には実に2年の歳月がかかったよ。この作品に注ぎ込んだ情熱は狂気と紙一重さ。だから僕はこの出来映えに最高に満足しているよ。」と、ケンは言った。

 

ケンは続けて言った。「ザ・ジムカーナ・ファイルズとジムカーナ10を初めて制作することは並大抵のことではなかったな。でも、今回アマゾン・プライムの会員ではない人々にもYouTubeの公式チャンネルで視聴することができるようになって、本当に嬉しいよ。僕らがこの作品に詰め込んだタイヤスレイヤーとしてのすべてのアクションを世界中のみんなが見た時に、きっと誰もが驚愕に打ちのめされると思うよ。

 

そして最後にこのプロジェクトを共に引き受けてくれた多くのパートナーのみなさんに、この場を借りて感謝を言わせて欲しい。この大規模なプロジェクトは、彼らの支援なしでは絶対に成功しなかった。フォード(Ford)、フォルツァ(Forza)、トーヨータイヤ(Toyo Tires)、ペンゾイル(Pennzoil)、モンスターエナジー(Monster Energy)、カンナム(Can-AM)、そしてもちろんフーニガンのチームのみんな、本当に有難う!

 

ケンのアマゾン・プライム・ビデオシリーズであるザ・ジムカーナ・ファイルズの一部として10日間のプレビュー期間を経て、ジムカーナ10は現在フーニガンのYouTubeチャンネルを通じ、世界中に無料で配信されている。

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ