be_ixf;ym_202101 d_16; ct_100
CLOSE
Moto Sasaki at JFBF JAPAN CUP Rd.1, Kanagawa.
NEWS

BMX JFBF JAPAN CUP Rd.1

May 092018

 2018年、今まで行われていたBMX FLATLANDの全日本選手権は、自転車連盟及びBMX協会の傘下に加わったことで『JAPAN CUP』という名前で、新たに幕を開けた。 

気温30度近くまで上がった4月29日(日)。記念すべき初代全日本ラウンドチャンピオンを決める歴史に残る1日となった。全国各地から20名を超えるプロライダーが集まり、全日本選手権の名に相応しいレベルで大会もスタート。

予選、佐々木は、4月に日本で行われた世界大会FISEの順位が考慮されて最終グループの最後から3番目。周りの選手のライディングを見てから自分の技を調整出来る絶好のポジションにいたことで、見事貫禄の予選1位通過。3分間のライディング時間の中で3,4回のミスはあったものの技の難易度、オリジナリティを高く評価されて決勝へ駒を進めた。

決勝は、8人に絞られ順位の低いライダーから順番に演技をしていくノーマルフォーマット。次々といい演技で終えていく他のライダーに対して、最終滑走だった佐々木の緊張感も高まっていく。そして、いよいよ本番。灼熱の太陽が照りつけたベニヤ板は、朝よりも反り返り、決していい路面コンディションとは言えない。

演技中盤3回のミスをしてしまった佐々木は、残り1分の所で窮地に立たされる事となったが、最後に去年に開発した新しい技「クロスフットスピン」を残り10秒の所で決め見事優勝。
 

今年は、去年に比べてオフシーズンにしっかり練習出来て自分の技に自信を持てたので、最後の1分まで逆転出来ると信じられた結果が、今回の優勝に繋がったんだと思います。5月7日からフランスで行われるFISEという世界大会に行く為、全日本のレベルで負けるわけにはいかない。と思って今回挑んでいたので今回の予選、決勝1位を取れたことでメンタル的にもかなり鍛えられました。旧全日本選手権から9度目の優勝を頂いたので、今年の残る2戦も優勝して生涯10勝目の全日本チャンピオン、そして世界大会優勝を目指して、これからも頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました!!

 

9度目の全日本選手権優勝を飾り、初代全日本シリーズチャンピオンに向けて最高の第一歩を踏み出した。

 

次のRound2は9月15日に姫路城前での開催となる。

 

THIS ARTICLE FEATURES:

SHARE THIS ARTICLE:

RECOMMENDED

FOR YOU