be_ixf;ym_202104 d_21; ct_100
CLOSE
Daigo Saito at D1GP ALL STAR SHOOT-OUT at Odaiba
NEWS

D1GP – 斎藤太吾 GR Supra MONSTER Edition 世界デビュー!

Mar 292019

 

2019年3月23-24日、桜が咲き始めた東京お台場でMonster Energy presents D1GP All Star Shoot-outが開催された。このイベントを最後にしばらくの間、お台場でD1GPの観戦ができなくなるという話もあり、気温の低い早朝から多くのファンが詰めかけた。

モンスターエナジーのモータースポーツチームからドリフトドライバー斎藤太吾の新型マシンお披露目。釘村孝太(KOTA)らライダーによるフリースタイルモトクロス(FMX)と木下真輔(SHIN)によるスタントライドのデモンストレーションがイベントのオープニングを飾った。ドライバーやライダーたちに加えて、そこに華を添えるように、D1GP年間のイメージソングにも起用されたモンスター契約バンドであるJESSE / T$YO$HI / ZAX / NAKAからなるThe BONEZは、車両を滑らせたドリフトマシンから登場し熱いライブを披露した。

このイベントでの話題はなんと言ってもGR Supra MONSTER Editionの世界同時発表だ。TOYOTA GAZOO Racingの初のグローバルモデル、そしてGRの技術を全て集結して造られたスポーツカーGR Supraのドリフト仕様がこのGR Supra MONSTER Editionだ。

 

黒シルクのベールがゆっくりとはがされ実車が登場したその瞬間、会場には大きな歓声があがった。ハの字にセットされたフロントタイヤ、グリルの両サイドからボディ全体へ切るようなメタリックレッドのライン、クォーターパネルを抉るように施されたモンスターの爪ロゴ、エアロパーツとフロントとリアのオーバーフェンダーの曲線は、いやらしいくらい美しい。世界がまちわびたGR Supra MONSTER Editionのその姿へ期待の大きさを感じさせた。その直後には斎藤太吾によるドリフト走行が行なわれ、会場は興奮につつまれた。

 

信じられないほどの短時間でGR Supra MONSTER Editionを仕上げた斎藤太吾は、「苦労もありましたが、GR Supraの元々の造りがすばらしいので、何とかここまでセッティングをしてこれた」と応えた。

 

2019年シーズン、GR Supraで優勝を狙っている斎藤太吾。開幕戦まで残り約3ヶ月、今からとても待ち遠しい。今年のD1GPを全試合観戦しに行こう。
(The BONEZ 写真:Yoshifumi Shimizu)

THIS ARTICLE FEATURES:

SHARE THIS ARTICLE:

RECOMMENDED

FOR YOU