Cal Crutchlow

United KingdomUnited Kingdom

カル•クラッチロー

カル•クラッチローは、バイク界で最も才能ある選手の一人であり、これまでのキャリアのすべてにおいて成功を収めている選手である。

二輪の世界に入るためにサッカーシューズを脱ぎ捨てると、カルのオートバイの才能がなかなかのものであることがわかってきた、そして、2004年のイギリススーパースポーツ選手権でデビューを飾るまでに成長した。3シーズンの月日をかけて2006年に優勝を手にすると、イギリススーパーバイク選手権にステップアップして切り替える時期がきたと考えた。

イギリススーパーバイク選手権での最初のシーズンは、リズラ・スズキチームから出場して9位で終えたが、人々の関心を引いて注目を浴びるようになったのはその翌シーズンだった。プラント・ホンダチームへの移籍によって回復したカルは、そのシーズンを3位で終えてチームに貢献。この時期もまた、物事が大きく、よくなっていった。

2009年にスーパースポーツ世界選手権を圧巻し、キャリア最大の勝利をさらうと、2010年にはスーパーバイク世界選手権に参戦し、シーズンを5位で終えた。

カルの驚異的なスタイルと安定した素晴らしい結果は、MotoGPへの招集を意味した。モンスター・ヤマハ・テック3チームと契約し、以降、前進しつづけている。最初のシーズンで総合12位を獲得し、その翌年に7位まで順位を上げたが、真の飛躍となったのは2013年だった。

カルが4度の表彰台と2度のポールポジションを勝ち取り、MotoGPで誰よりも注目を浴びて6位で終えたことは、2014年にドカティの召集を受けるには十分だった。

まだ28歳にしてトップクラスで戦っているカル•クラッチローが、近い将来MotoGPで初勝利を手にしても驚かないでほしい。

フォロー Cal Crutchlow
  • 全ての記事
  • ニュース
  • ギャラリー
  • ビデオ
グローバル投稿 ON