be_ixf;ym_202101 d_19; ct_50
閉じる
2017 Ayumu Shooting at Niigata, Japan
NEWS

平野歩夢が日本人アクションスポーツ・アスリートとして初のモンスターエナジーの缶パッケージに登場 (Part2)

Dec 022017

  アクションスポーツの世界一決定戦として名高いX GAMESで日本人初の金メダルを獲得するなど、スノーボード・ハーフパイプ種目において世界のトップに君臨する平野歩夢。2017年12月、日本人アクションスポーツのアスリートとしては世界初となるモンスターエナジーの缶のパッケージに彼が起用された。その発売を目前に控えた、歩夢の胸中に迫る。今回は後編をお届け。

今シーズンの目標や意気込みを聞かせてください。
毎年出てるX GAMESやBURTON US OPENは限られた人たちが観る大会だと思うんですけど、今シーズンは4年に一度の大きな大会があります。なんとなくテレビをつけてるような人の目にも映る大会だからこそ、カッコいいスノーボードを伝えられる絶好の機会だと思っています。自分にしかできないオリジナリティのあるライディングをその舞台で披露することが大きな目標になってますね。

 

具体的にどのようなパフォーマンスに注目してほしいですか?
エアの高さは自分のセールスポイントだと思ってるので見てほしい部分ではあるんですが、それ以上に、この4年間という時間をかけて成長し、進化してきた自分を見てほしいです。スノーボーダーには当然見てほしいし、スノーボードを知らない人にも“ヤベー!”って思われるような滑りをしたい。それができれば、自分自身も納得できると思うから。

 

最後に、モンスターエナジーを飲んで頑張っている人たちにひと言エールをください。
オレは大会に出る直前だったり、飛行機での長距離移動中に飲んだりしてます。みなさんはテスト勉強や仕事の合間などに飲む機会が多いと思いますが、気合いを入れたいここ一番のタイミングで、このモンスターを通して共有できればいいですね。

平野歩夢(ひらの あゆむ)
1998年生まれ、新潟県村上市出身。スタンスはグーフィー。
サーファーの父親が運営する日本海スケートパークで4歳からスケートボードを始める。その半年後、兄の影響と新潟という環境も手伝ってスノーボードも開始。
2011年、モンスターエナジー契約アスリートの國母和宏をメンターとして、当時12歳の平野はBURTON US OPENジュニアジャムに挑み優勝を果たし、頭角を現す。
2012年、モンスターエナジーと契約。2012-13シーズン、WORLD SNOWBOARD TOURハーフパイプ部門のシリーズチャンピオンに輝く。
2013年、アクションスポーツの冬の祭典X GAMES Aspenのスノーボード・スーパーパイプで、史上最年少のシルバーメダリストになる。
2015年、BURTON US OPENにて3位、Dew Tourにて2位。
2016年、LAAX OPEN優勝。X GAMES Osloでは日本人初のゴールドメダルを獲得。
毎シーズン大舞台で新技と新しいスタイルを披露する平野歩夢は、常に進化を求める精神と同時に攻めの姿勢でコンテストに挑み続ける。

■発売を記念して、モンスターウルトラキャンペーンを実施中!
平野歩夢‏サイン入りスノーボードや、限定パーカーが当たるチャンス!
詳細はコチラから

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ