be_ixf;ym_202201 d_25; ct_100
閉じる
Images from the Shadow Day Project
NEWS

池田大暉、アイショッド・ウェアと『Shadow Day』に登場

Nov 182021

次世代の若いスケートボーダーを盛り上げよう!
日本出身で15歳のモンスターアーミー新メンバー、池田大暉を紹介する新しい動画『Shadow Dayを見て欲しい。この動画で池田は、彼にとってのアイドルでありモンスターエナジーのプロライダーであるアイショッド・ウェア(Ishod Wair)と一緒にLAでダウンタウンのスポットに挑んでいる。シリーズ第2弾であるこの4分間の動画では、東京出身のルーキーと、ニュージャージー州ボーデンタウン出身でX Games金メダリストで認定スラッシャー「スケーター・オブ・ザ・イヤー」(SOTY)のウェアがペアを組んでいる。

「今日は憧れのスケーターと一緒にスケートができて本当に嬉しかった!」とモンスターアーミーライダーの池田大暉は動画撮影について語った。

『Shadow Day: Ishod Wair & Daiki Ikeda』は、LAで特別な一日を撮影したものだ。若きブラジル人リッパーでモンスターアーミーライダーのフィリッペ・モタ(Filipe Mota)と世界で最多勝利を誇るストリートスケートボーダー、ナイジャ・ヒューストン(Nyjah Huston)が登場する、2020年9月リリースの最初の動画『Shadow Day』の足跡をたどる。
 
動画第1弾と同じように、新しい『Shadow Day』のエディションは、次世代のアクションスポーツ人材を育成するモンスターアーミーに光を当てている。モンスターアーミーは、13歳から21歳のスケート、モトクロス、BMX、マウンテンバイク、サーフ、スノーボード、スキーのアスリートをサポートするモンスターエナジーのアスリート育成プログラムである。世界中のアスリートが評価され、プログラムに招待され、モンスターエナジー・ブランドを代表し、資金、メディア、製品サポートを受けることになる。モンスターアーミー出身者のなかには、FMXアイコンのアクセル・ホッジス(Axell Hodges)やBMXライダー、ジェレミー・マロット(Jeremy Malott)などのプロアスリートがいる。
 
モンスターアーミーになりたての若き池田大暉にとって、この新しい動画で彼の憧れのプロスケートボーダー、ウェアとLAのストリートでセッションできたことは夢が叶った瞬間だった。2年前、池田は13歳で2019年X Gamesミネアポリスのジュニアストリート部門で金メダルを獲得し米国で頭角を現した。プロスケートボーディングへの玄関口として知られるタンパアム大会で、池田はキャッシュ・フォー・トリック・コンテストで一貫してテクニカルな動きを披露して実力を見せつけた。
 
上を目指す勢いを維持しながらTOY MACHINEのスケートボードやナイキSBシューズなど企業からスポンサーシップを獲得。2021年8月には影響力のあるスケートウェブサイト、ザ・ベリックス制作の動画で、テクニカルなレールスケーティングスキルを披露した。トール・レールを下りるバックサイド270キックフリップ・リップスライドのなどの驚愕トリックを特集するこのクリップは、池田の才能をさらに多くのオーディエンスに知らしめた。
 
才能について言えば、『Shadow Day』でのスケーティングは期待通り一流だった。階段と平らなスポットで並んでウォーミングアップした後、池田とウェアは難しいレッジトリックを繰り出し始めた。リードにつながれたペット犬のバレンタインと一緒に、ウェアがいつものリラックスしたスタイルでテクニカルにストリートを滑る様子は必見。池田は、お手本のようなキックフリップでウェアから高評価をもらった後、大きな階段セットを数回下りてその日を締めくくった。

 

この記事をシェアする:

RECOMMENDED

あなたへのオススメ